今後爆上げが期待されるIOTAとは?

今後の将来性からマイナーなアルトコインであるIOTAがひそかな話題となっています。
IOTAを取り扱っている取引所はBainanceです。
今後、人気化する前に仕込んでおくのもいいかもしれません。

Binanceは下記の点が秀逸です。
・日本語に対応している。
・有望な取り扱いコインが多い。
・ほんの20分くらいでアカウントを登録でき、送金・取引が可能。
・手数料が安い。(0.1%) ・遅延なくさくさく動く。
・ビットコインゴールド、ビットコインダイアモンドをすんなり付与。
・強固で盤石なセキュリティー
手数料比較
 PoloniexbittrexBinance
Maker0.15%0.25%0.1%
Taker0.25%0.25%0.1%


IOTAとは?ーIoTに最適化された暗号通貨および決済プロトコル

IOTA(アイオータ)とは、IOTAプロトコル上でやり取りされるIoTに最適化された暗号通貨(仮想通貨)です。IOTAは、パソコンやスマートフォンだけでなく、あらゆるIoTデバイスが利用可能です。

送金手数料なしに送金が可能

IOTAの特徴として、デバイス間で送金を行う際に、他のビットコインなどの暗号通貨と異なり手数料が発生しません。常に手数料なしに送金を行うことが可能です。これは、Tangleと呼ばれる非循環有向グラフ構造に基づいた、ブロックチェーンと似た働きをするアーキテクチャによって処理が行われるためです。

送金手数料が必要なくなるため、その他の暗号通貨に比べてよりマイクロペイメントに向いていると言えるでしょう。さらに、IoTデバイスと接続することで、より柔軟にリアルタイムかつ細かな料金支払が可能となります。例えば、レンタカーの場合を考えてみましょう。内部センサーで測定した走行距離分だけ数メートル刻みで支払いを行うことも可能となります。

IoTデバイスで取得したデータを安全に送信可能

IOTAのもう一つの重要な特徴として、IoTデバイスの取得したデータ(気温、振動、回転数など)を、デバイス間でセキュアにやり取りができることです。

よくIoTの発展はブロックチェーン技術によって補完されると言われることがあります。これはデバイス間でのデータの整合性を保つことや、デバイスに対して不正なデータの送信を防ぐことが技術的に困難だったためです。しかし、IOTAのTangleを通して送信することで、データへの改ざんや外部からの攻撃を不可能となります。これにより、IoTデバイス間でデータの信頼性を担保したネットワークを構築することができます。

IOTAの普及と今後の可能性

電子マネーである暗号通貨は、IoTデバイス間の決済を可能にし、IoTサービスの可能性を拡げます。ここ最近はAmazon GOの登場など、デバイスやセンサーとインターネットとの接続によって、どんどんとスマートな決済体験が登場しています。IOTAにより、デバイス間での決済がよりスムースになり、購入体験がより向上するかもしれません。IOTAは、現在ベータ版が提供されており、誰でも利用が可能です。今後もIOTAの開発状況に注目したいところです。

この記事へのコメント

人気記事

ビットコイン相場 2009年8月0.09円 2012年8月796円 2017年8月40万円台←いまここ 2018年8月500万円 2020年8月5000万円 登録は確実に! bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で