ビットコインよりアルトコイン?日本未上場の有望コインとは。

 まだ日本で取り扱っていない銘柄を早めに購入しておくのがお勧めです。以下のコインは日本に上場すると大きな買いが入り、急騰する可能性は十分あります。手が出しにくいかもしれませんが買っておくことで短期で10倍、100倍を狙えるかもしれません。


アルトコインの暴騰 

BINANCEの取り扱い銘柄が高騰し始めています。
日本未上場の有望コインを紹介します。


binance1.jpg

IOTA

ブロックチェーンに変わり「DAG」を採用。IoTを想定し送金手数料はゼロ。日本未上場。
IoTに最適化された暗号通貨および決済プロトコル。
IOTAは、パソコンやスマートフォンだけでなく、あらゆるIoTデバイスが利用可能です。

ADX

AdExは、既存のオンライン広告環境を混乱させ、その重大な問題に対処することを目的としたブロックチェーンベースの広告交換です。広告詐欺、プライバシー、およびスポンサードメッセージの受信に対する同意などAdExは完全に透明で、Ethereumスマートコントラクトの上に構築されています。
消費者には、プロセスに関与するすべての関係者にとって安全で透明性が高く、有益なプラットフォームを広告主と出版社に提供できると考えています。

 ADA

 スマートコントラクトを用いたオンラインカジノプラットフォーム カルダノ で使用されるトークンです。

 OMG

モバイル端末同士で送金・決済できるウォレットアプリケーションで使う仮想通貨。現在の決済システムは金融機関ごとに異なるシステムが使用されているため、手数料が多く取られたり、取引に時間がかかるなどのデメリットが存在する。

OmiseGoのネットワークを使えば、国や金融機関をまたいで低コストでリアルタイムに決済可能。OmiseGoのネットワークを使用したアプリを搭載したスマートフォンを持っていれば、銀行口座やクレジットカードがない人でも仮想通貨で簡単に送金・決済することができる。


 YOYO

「自分自身の言葉を所有する」という名前のブロックチェーンベースのネットワークで、貢献度を定量化し、コンテンツ制作部門の参加者に分散されたコンセンサス方式で報酬を与えることを目指しています。コンテンツ制作者、コンテンツ投資家、キュレーター、 コンテンツ生態系にはインセンティブとリターンが適切に提供されます。

 POWR

ブロックチェーンベースのピアツーピアのエネルギー取引プラットフォーム。
消費者や企業は余剰の太陽光エネルギーを仲介者なしで売ることが可能。
一度ログインすれば、電力使用量とすべてのP2P取引の詳細を閲覧出来る。

MANA

プラットフォーム上のトークンを使用して、土地を取得したり、土地を取得したりするサービスを提供。
イーサリアムブロックチェーンを通じて土地を購入し、所有権の不変の記録を作成する。
コンテンツはIPFSネットワークを使用して配信され、データハッシュはブロックチェーンに格納される。

TRIG

ブロックチェーン技術を使用して、常に強化された銃器技術を管理。
Blocksafe Smartgunによって改良セキュリティ、強化機能、およびプライバシーと拡張銃をもたらす。
TRIGはBlocksafe Smartgunの技術ネットワークの経済を強化する。

XWC

Proof of Stake V3を採用したコミュニティを重点にした暗号通貨。
UbuntuのカスタムOSであるWhiteOSを開発している。
ウォレットとブラウザはTorプロキシ経由でリダイレクトされる。

 おすすめ取引所

Binanceは下記の点が秀逸です。

・日本語に対応している。・有望な取り扱いコインが多い。 ・ほんの20分くらいでアカウントを登録でき、送金・取引が可能。 ・手数料が安い。(0.1%) ・遅延なくさくさく動く。 ・ビットコインゴールド、ビットコインダイアモンドをすんなり付与。 ・強固で盤石なセキュリティー

手数料比較
 PoloniexbittrexBinance
Maker0.15%0.25%0.1%
Taker0.25%0.25%0.1%

この記事へのコメント

人気記事

最近の記事

ビットコイン相場 2009年8月0.09円 2012年8月796円 2017年8月40万円台←いまここ 2018年8月500万円 2020年8月5000万円 登録は確実に! ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin