コインチェック(coincheck)の特徴とアカウント登録・売買方法。





出川さんのCMでおなじみのコインチェックをご紹介します。

 コインチェックの特徴

特徴

取扱い銘柄日本一!13種類の銘柄を取り扱い。
リップルを取り扱ってるのはコインチェックだけ。
ビットコイン取引高日本一!
スマホアプリの利便性日本一!

* 厳選された13種類もの銘柄を日本円で取引できるメリットは大きいです。

 取引所のアカウント作成

下のアイコンをクリックしてください。

アカウントを新規作成するをクリックします。

画像の『メールアドレス』と『パスワード』を入力して、『アカウントを新規作成する』をクリックします。

アカウント作成をクリックすると、登録アドレスにメールが送信されますのでメールを確認して下さい。

届いているメールに記載されたURLをクリックすれば登録が完了します。

 電話番号認証


「本人確認書類を提出する」をクリックします。

電話番号認証のお願いという画面に移動しますので、赤枠部分に電話番号認を入力。

『SMSを送信する』をクリックします。


携帯電話に番号が送られてきますので、その番号を認証コード欄に入力し「認証する」をクリックすれば認証完了です。

 重要事項の確認


電話番号認証が終わったら、重要事項の確認があります。「重要事項の承諾」をクリックします。

これはそれぞれ確認後にチェックボックスをクリックし、「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリックします

各種重要事項に承諾後、「本人確認書類を提出する」をクリックして完了です。

 本人確認書類の入力と提出

重要事項確認が終わったら、最後に個人情報の入力と本人確認の写真をアップロードして完了です。

本人確認書類として有効なものを確認し、必要な写真を用意して下さい。


各種個人情報を入力します。

IDセルフィーを登録します。

「ファイルを選択する」または「カメラを起動」をクリックし、図のように証明書と本人が一緒に写った写真を登録します。


免許証の場合、表面を登録します。

免許証の場合、裏面も登録します。


各種写真を登録後、図の通り「外国PEPsに該当しない」にチェックし、「本人確認書類を提出する」をクリックして下さい。

スマートフォンから登録すると、カメラを起動するボタンもありスムーズに写真のアップロードが出来て便利ですよ。


本人確認完了まで待ちます。

その後、住所確認のため簡易書留にてハガキが届きます。登録者が殺到し郵送が遅くなる事も良くあるので、気長に待てば大丈夫です。

ハガキを受け取ったら、全ての機能が利用可能です。

 入金方法の手順


ウォレットにある左のメニューから「日本円/USドルを入金する」をクリックします。

Coincheckに入金する方法は以下の3つです。

  •  銀行振込
  •  コンビニ入金
  •  クイック入金
銀行振込は安心ですし一度に多額を振り込みできるので便利です。
*すぐに入金したい場合はコンビニ入金またはクイック入金が便利です。

 銀行振込

メニューから「銀行振込」をクリックします。

「りそな銀行」または「住信SBIネット銀行」へ振込が可能です。


各振込先は図の通りです。

 仮想通貨の購入

コインチェックの下の画面からビットコインを買うと手数料が割高(3%以上)なのでここから買うのはあまりお勧めしません。*ビットコイン以外のアルトコインはここから買うしかありません。



ビットコインならこの画面から買うと板取引なので非常に安く買うことができます。

スクリーンショット 2017 11 28 19 24 42


これで購入までの手順が出来るようになれば十分です。
ビットコイン以外のアルトコインを安く手に入れたいならバイナンス等の海外の取引所を利用するのも手です。

この記事へのコメント

人気記事

ビットコイン相場 2009年8月0.09円 2012年8月796円 2017年8月40万円台←いまここ 2018年8月500万円 2020年8月5000万円 登録は確実に! bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で