LODE(ロード)のICO事前登録。金現物取引を“安心”に“安全”に“より身近”に

1.jpg

LODEは金現物取引をスマートに、安心に、安全に行えるためのネットワークを構築し、全てのムダを省くことにより様々な問題を解決プロジェクトです。 

LODE(ロード)のICO事前登録は既に実施中。トークンセールは2018年3月15日から始まりますので早めに登録をしておきましょう。

 LODEとは

では始めにLODE(ロード)仮想通貨ICOの特徴について見ていきましょう。

まず、LODE(ロード)仮想通貨ICOのプロジェクトの特徴・目的を要約すると「金の現物取引のスマート化」です。
「金(ゴールド)」と聞くと世間一般、多くの方にとって身近なものではないイメージが強いと思います。今回のLODE(ロード)仮想通貨ICOは「金(ゴールド)」の取引をブロックチェーン技術を活用し安全かつ無駄な手数料を省き、人々にとってより身近なものにする為のものです。要はブロックチェーンを金融システムだけに応用するものではなく金の取引にも取り入れていくというものです。

「金(ゴールド)」の投資案件と聞くと「“金の配当金”」や「“金採掘の投資”」「“純金積み立て”」などをイメージする方が多いと思いますが、LODE(ロード)仮想通貨ICOはそういった類のものではありません。

LODE(ロード)は「金(ゴールド)」の現物取引の不正行為を監視し安心安全に取引を行う為のブロックチェーンを活用したネットワークシステムです。今回のLODE(ロード)ではこの「金の現物取引」における手数料の不正や無駄に目を付けていて、その問題を無くし売り手にも買い手にもWINWIN且つ余計に掛かってしまっている手数料を双方に還元しスマートで安全な取引を促進するシステムを提案しています。

では現代における「金の現物取引」の問題点とはなんなのでしょうか。そしてLODEはどのように解決していくのでしょうか。解説していきます。

 消費者が抱える問題点と解決

・取引における手数料の比重
市場における価格推移を予測することは極めて困難であり、株やFXのようにトレー ドを繰り返し、利益を得る対象としてではなく、金現物購入者の殆どは安全資産の ひとつとして長期保有目的で購入していまる。それにも関わらず、資産の形を現金か ら金現物に変える際に高額な手数料を払い、資産を減少させてしまうことは、非常 に大きな問題となっています。

LODEなら「金」が精製された時点で直接 購入が可能となり、流通経路が簡略化されムダな取引手数料を大幅に省 くことできます。


・所持している金の売却方法

貴金属を売却しようとした時、買取 店に足を運び相場よりも遥かに安い価格で売却しているのが現状です。足元を見られて、市場価格の70 %以下で売却してしまうことも多々あります。

LODEならLODE NETWORKに直結している査定機を利用することにより、買取店で売却価格の 交渉をする必要性がなくなるので、これまでのように買取店へ市場価格より大幅に 安く売ることが無くなります。つまり、市場価格に限りなく近い値段で売却をすること も可能です。

 業者が抱える悩み

・複雑な流通経路
金が精製されるまでの大きな流れは下図のようになっています。
金が取引され保管庫に格納されるまでには、これだけの輸送が必要になってきますが採掘された金鉱石や精錬された金を輸送する 際には、事故・盗難・強盗などのリスクが非常に高いという問題が挙げられます。輸 送リスクがある以上は、保険や警護等が必要になる事は言うまでもなく、他業種に比べ輸送コストが格段に高くなっています。

LODEの導入によって、製錬所の段階で一般消費者と金製造業者との取引が可能にな る。流通経路において早い段階で金の売買ができれば、製造会社においても大幅に コストおよびリスクを排除することが可能となります。


・損なわれていく協会への信頼

金業界においては金自体の価値を証明するための認定機関や協会が数多く存在し、 個々の協会によって認定基準やルールなどが異なり、各協会独自のルールや審査に 合格した精錬所で精製された金だけが、認定機関の刻印を刻める仕組みです。 しかし、残念ながら認定機関の刻印によって金自体が保証されているわけではなく、 刻印の信頼性を逆手にとり偽物の金に刻印を施し偽装したものが世界中に流通していmす。認定機関や協会などは業界において多くの役割を担い続 けてきた必要な存在ではあるが、近年では不正や不祥事も相次ぎ偽装にも利用され、 そもそもの認定機関への信頼が危ぶまれているのが現状です。

LODEの導入によって、各機関(製錬所、保管庫、販売所、認定機関、金購入者)を連携させるこ とにより金業界は劇的に変化を遂げ、業界の連携がブロックチェーン技術によって可能になります。各機関の相互連携はHUBの役割を担うLODE COREを中継することにより、秘匿性を維持しつつ、その データの信頼性を担保することが可能になります。各機関はお互いにLODE COREを介し て監査し合うことにより、不正が許されない堅牢性の高いネットワークが構築されます。それは金の出所から現在の保管場所に至るまでのあらゆる情報が連携されるた め、世界中の金の信頼性が担保される事になります。

 中央集権の問題と解決

 金現物取引の市場において様々な手数料が必要になるまで複雑化した原因は何故な のか。理由は多岐に渡るがそのひとつして「中央集権型」の問題は外せない。 現代において金取引は多様な取引形態が存在し、独自の世界が成り立っている金業界であるが故に過去から現在に至るまで多くの問題がある。


LODEの導入によって、飛躍的な成長を 遂げているフィンテックを金業界に取り込むことにより分散化が可能となり、古くから続く業界内の多くの問題が解決されるため、LODEのプロジェクトは業界が新た に生まれ変わるための第一歩となります。

 LODE NETWOEKとは

LODEは 全てのムダを省くことにより様々な問題を解決し、金現物取引をスマートに、安心 に、安全に行えるためのネットワークを構築するプロジェクトです。 LODE NETWORKは製錬所(保管庫)、販売所、ユーザーを直接結び合わせるための監 査機能を備えたネットワークであり、それぞれの特性に合わせたブロックチェーン 技術をもとに構築されます。その中心にLODE COREが存在し、3つのブロックチェーン と外部データベースを相互連携させることを実現します

LOGEネットワーク

LODEネットワークを使って、各機関(精錬所・認定機関・販売所・保管庫・金購入者)を繋ぎます。ブロックチェーン技術により、各機関がお互いに監査し合うことにより、不正が許されない堅牢性の高いネットワークが構築できます。金の出所から現在の保管場所に至るまでのあらゆる情報が連携されるため、世界中の「金の信頼性」が担保されるようになります。

LODECOREの目的は、取引された金の情報及び取引IDの一連の情報処理を生成し、保管庫の情報システム(コンソーシアムブロックチェーン)に記録するという役割があります。

LODECOREは高速処理が可能なので、保管庫の情報と消費者の取引情報システム(パブリックブロックチェーン)との横断が容易に行えます

毎回取引情報を送信するオンチェーンとは違い、LODECOREはオフチェーンを使うので、まとめて処理結果を送信して情報処理の低下を考慮する事が出来ます。
また、オラクルを介して外部データベースの情報を取得するので、秘匿性を保持しつつも不正な取引が行われていないか検知する事が可能という特徴があります

外部データベースには、WLDSKから登録した個人情報が格納されます。
ブロックチェーンではなく、外部データベースにする理由は、より秘匿性が高く厳重に保管出来るためと記載されています
また、本人確認が行われたアカウントしか取引が出来ないので、虚偽アカウント生成は難しいと考えられています。

コンソーシアムブロックチェーンという単語が出てきましたが、これはブロックチェーンの一種で特定の人達で妥当性を総意する事が出来るシステムです。
LODE(ロード)では、このシステムを保管庫の情報に使われています

製錬所(保管庫)における「金」全体保有量などは、一般ユーザーからは閲覧不可となりセキュリティ上直接的なアクセスは不可能に出来るメリットがあります。
総意における方法が制御されているので、取引情報にかかっていた報酬金が不要になり、低コストで高速処理の運用が可能となります

コンソーシアムブロックチェーンとは逆に、オープンなのが一般ユーザーの「金」取引情報に使われるパブリックブロックチェーンです
先ほど話した、P2Pネットワークによりデータのやり取りがスムーズに行えます。
また、システム変更事には、参加者全員の総意が必要になるので簡単に変更されることもありません

「金」を監視するシステムは下記です。

監査チームは、各協会から数人を事前に登録、LODECOREが随時ランダムに監査チームを選出し、不正や不整備がないか監査していきます
リアルタイムでデータベースにアクセスする事も出来るので、保管庫の閲覧が可能です。

これらのシステムを導入するにあたりLODE(ロード)は、3つの取引ツールを使っていきます。

・取引システム

→ドバイ政府によって設立された子会社であるCinnober社のツールをベースに構築されていて、WLDSKに組み込まれます。
信頼性も高く、ニューヨーク、ロンドン、東京などの世界各国における市場データなどを提供している実績を持ちます

・監視システム

→常にプラットフォーム、アプリケーションを監視するモニタリングツール「Pandora」が導入予定です。柔軟性が高く、Unix,Linux,Windows,AndroidメジャーOSに対応しています
監視ツールによって、障害発生時の早期対応・復旧が可能になります!

・市場情報配信システム

→価格変動や様々なマーケット情報をプラットフォーム内で配信します。
配信情報のソース元はロイター社のサービスを利用(世界の金融市場などの幅広い情報を早く正確に偏りなく提供出来ると高く評価されている為)

 ロードマップ

2016年9月からチームが結成されており、2023年までの計画を策定していました。好印象です。

LOGEロードマップ(~2017年)

LODEロードマップ(~2017年)

2016年にチームが結成され、プロジェクト開始。

2017年時点で、仕様を決めています。

LOGEロードマップ(2018年)

LODEロードマップ(2018年)

2018年から開発をスタート。2月~5月までにICOで資金調達を行います。

取引所での取引開始できるようにするのは、10月とのこと。


LOGEロードマップ(2019年1~8月)

LODEロードマップ(2019年1~8月)

チームメンバーを増強し、2019年8月までに開発・テストを終えます。

LOGEロードマップ(2019年9月~2023年)

LODEロードマップ(2019年9月~2023年)

2020年1月にローンチ予定です。


それから、企業とのパートナーシップを築いていくとのこと。2020年は国内企業、2021年はヨーロッパ、2022年はアメリカ、2023年はアジアと言った感じで広めていきます。

 LDGトークン

6

LODE(ロード)内で取引に使われる暗号通貨をLDGトークンと呼ばれています。
このLDGトークンの現在の価値は1LDG=1ドルとなっていますが、上場などでこれから価値が上がっていく見込みがあります
ICO案件で購入するのは、このLDGトークンの事ですね。

LDGトークンを手に入れるには、3つの方法があります

①他の暗号通貨との交換で得られる
②手元の貴金属を査定機に入れることで得られる
③トークンで金購入で、金に対する情報が書き換えられる

LDGトークンを保有する事で、投資目的以外にも様々なサービスに使っていくことが出来ます。


LDGは2018年の10月には仮想通貨取引所に上場する事が決まっていて注目されています。

 トークンセールのスケジュール

トークンセールは3段階に分けて行うとのことです。事前登録は「2018年2月7日15時」からです。1LDG=1ドルです。

  1. プロテクションセール
    • 最低購入額は、50,000LDG
    • 80%のボーナスが付与される
    • 2018年2月15日~28日の期間で開催
  2. パブリックセール1回目
    • 最低購入額は、1,000LDG
    • 40%のボーナスが付与される
    • 2018年3月15日~28日の期間で開催
  3. パブリックセール2回目
    • 最低購入額は、10LDG
    • 20%のボーナスが付与される
    • 2018年5月15日~6月14日の期間で開催

 LODE(ロード)の登録方法

LODE(ロード)の登録方法はとても簡単に出来るので、早めに済ませておきましょう。

1.LODE(ロード)公式ページに入り、「join PROTECTION SALE」をクリックしましょう

2.新規会員登録のページが出てくるので「メールアドレス」を入力して「必要箇所にチェック」をしましょう

3.メールが届くので記載されてある「URL」をクリックしましょう

4.本会員登録ページに移動するので、詳細情報「苗字、名前、生年月日」を入力した後、「パスワードを2回」入力しましょう


5.最後に「登録」を押すと事前登録は完了します。


『メールアドレス』を入力し、2か所チェック、『登録』をクリックして下さい。

下の写真の様な画面になりましたら、登録したメールを確認して下さい。

メールに記載されたリンクをクリックして下さい。

『姓』、『名』、『生年月日』、『パスワード』、『パスワード確認』を入力し『登録』をクリックして下さい。

マイページにログインしましたら登録完了です。

決済はBTCと記載有りますのでBTCを用意しておきましょう。

 動画解説

この記事へのコメント

人気記事

ビットコイン相場 2009年8月0.09円 2012年8月796円 2017年8月40万円台←いまここ 2018年8月500万円 2020年8月5000万円 登録は確実に! bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で