仮想通貨EOS、分散型取引所「EOSfinex」を設立すると発表


仮想通貨EOS、分散型取引所「EOSfinex」を設立すると発表しました。これにより暗号通貨取引が大きなパラダイムシフトをすると予想されます。EOSは2018年の年末には100倍になってるかもしれません。

 EOSについて

  • 2017年のICOで誕生した新しい仮想通貨で即完売。
  • 時価総額12位
  • 運営陣が利用価値がないといっている
  • 誰でもさんかできる分散型アプリケーション
  • 処理速度がかなり速い、手数料無料


気になるのは運営が出している利用価値がないということをポワイトペーパーで出している件ですがそれでも、ICOとして多額の資金を集め上場後も時価総額ランキング12位をキープしているのは
  • 開発者に経験豊富なメンバーが揃っていること
  • EOSの機能性が高いこと
  • 将来的に何かに使われるのではないかとうい期待感があること
  • 仮想通貨ブーム、ICOブームの過熱
と言われています。

 AIのWebBotの予測

EOSは2018年の春から上昇する。
その理由はこの通貨が既存の産業で使われることになるからだ。
新しいパラダイムシフトが台頭するが何を意味しているのか漠然としている。

 分散型取引所

分散型取引所(DEX)とは中央管理者を介さず個人間で直接仮想通貨のやりとりができる取引所のことです。最近注目され始めている次世代型の取引所です。中央がある取引所、つまり中央管理の取引所の場合、そこにアクセスされると全部抜き取られてしまうという、いわゆる一瞬で資金がパーになるマウントゴックスのようなケースが起こりえます。

現在のほとんどの取引所がこの中央管理の取引所の仕組みになります。コールドウォレットなどで工夫はされているものの、ネット上での売買取引がある以上、どうしてもインターネットに接続しないといけないのでハッキングの危険性は常にあります。去年、ハッキング被害にあった取引所は全て中央管理の仮想通貨取引所です。インターネットに繋がっている以上、常にハッキングの危険性があります。またハッキングだけではなく、政府の規制等で引き出し禁止になったり、シャットダウンする恐れもあります。すなわち第三者次第というリスクもあります。他には取引所に個人を提供するので個人情報の記録が永久に残ります。ハッキングされたり、流出しないとは限りません。一方、分散型取引所(DEX)の場合、中央がいません。ゆえに、管理者もいないのでビットコインのように国の取締りもできず、誰も利用者がいなくなる以外は、消滅させることは不可能に近いです。また、中央管理がないことで、中央集権の場合は中心をハッキングすれば一気に大量の資金をハッキングできますが、分散型の場合は、中央ないので1度に大量の資金を奪い取ることは不可能です。そして、中央管理がいないので、取引所に個人情報をおくる必要もありません。どうして中央集権の取引所とは違い、個人情報を送らずにできるのかと言いますと、ブロックチェーンのプラットフォームを利用しているため信頼を証明できるためです。

一見、万能に見える分散型取引所ですが、欠点があります。まずは法定通貨が使えず、上のように分散型取引所の通貨同士の売買になります。JPY(円),USD(ドル)などの法廷通貨では売買できません。また注文などにも手数料がかかるのが現状での欠点です。つまり、買い注文、売り注文を出した時点で手数料がかかります。なぜなら、このシステムを動かすにはお金がかかるからです。しかし、最近ではこれを改善するEOSを使ったICOも出てきていますので将来的にはなくなると思います。

 EOSが購入可能な取引所

この記事へのコメント

人気記事

ビットコイン相場 2009年8月0.09円 2012年8月796円 2017年8月40万円台←いまここ 2018年8月500万円 2020年8月5000万円 登録は確実に! bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で