ビットコインキャッシュとは?ビットコインとの違いと将来性、誕生の経緯を世界一やさしく解説します。

ブロックチェーンの革新性は、物理的に同じ場所にいなくていいという点や、取引相手の個人や組織を信頼(Trust)しなくても安心して経済的な価値の交換ができる点です。将来的には金銭取引はデジタル化され、ユニバーサル化されると思われます。このようにブロックチェーンは世界をとんでもなく大きく変え、そのブロックチェーン技術を使った仮想通貨に大きな期待があります。中でもビットコインキャッシュはその性能から有望視されているのでご紹介します。

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)とは、ビットコインから派生して2017年8月1日に誕生したコインです。単位は「BCH」と表します。オランダのアーネムで開かれた「ビットコインの未来」カンファレンスにおいて、ビットコインキャッシュのハードフォークは2017年8月1日に行われると発表されました。ビットコインキャッシュの名称は元々は中国のマイニングプールの「ViaBTC」が提案しました。

ビットコインキャッシュが誕生した理由としては、ビットコインの今までのあり方では将来的に問題が起こると予測されていたということがあります。またその後、中国のマイニングをしている派閥グループの政治的な闘争があり、一定以上の賛成を得たグループがビットコインから分派しました。そして、決済スピードを約2分程度にする等の問題を解決したものがビットコインキャッシュになります。

ビットコインキャッシュは、中国のASICマイニングハードウェアメーカーのでありマイニンググループのBITMAIN社の共同設立者のジハン・ウー氏が中心となって開発されたとのことで、ビットコインキャッシュの動向においては中国のジハン・ウー氏が大きな力を握っていることになります。ビットコインキャッシュの最新の動向はジハン・ウー氏のツイートに注目すべきです。

ビットコインとの違いとは?

ビットコインとビットコインキャッシュの違いの一つに、ブロックのデータ容量に余裕がなく、送金遅延を引き起こすスケーラビリティの問題の解決方法があります。具体的には、ビットコインは、スケーラビリティ問題についてSigwit(取引履歴を圧縮してデータ量を小さくする技術)を使用して解決していきましたが、ビットコインキャッシュはブロックそのものを1MBから8MBへと大きくして解決しました。

ビットコインキャッシュを理解するにはやはりビットコインと比較して調査していく必要があります。そこで、ビットコインとビットコインキャッシュの相違について以下の表を作成しました。次に各項目ごとに違いを検証しました。

 ビットコインキャッシュビットコイン
開発者不在不在
開発チーム独立した開発チームビットコインコア
主な用途決済決済
総発行枚数2100万枚2100万枚
開始年月2017年8月2009年1月
最大ブロックサイズ8MB1MB
ブロック作成時間約10分約10分
採掘方法PoW SHA-256PoW SHA-256
Segwit未実装実装
送金手数料安いやや高い
半減期不明21万ブロックごとにブロック報酬が半減
難易度調整方式DAA(Difficulty Adjustment Algorithms)NDA(Normal Difficulty Adjustment)

開発チームの違い

 ビットコインはビットコインコア開発者によって開発されました。ビットコインコア開発者はその名の通りビットコインの開発を行う人達です。もともとビットコインはサトシナカモトと呼ばれる謎の人物により発明をされました。サトシナカモト氏が書いた設計書を元に有志のエンジニアが2008年より開発を行ってきたのがビットコインです。ビットコインコア開発者はコード上のバグや仕様をより良いものにしようと日々開発を行っている人たちです。そのコードを元に「Bitcoin Core」というウォレット機能や取引を検証したりできるソフトが作成されております。実際にこのソフトを修正できるのは現在ビットコインコア開発者に選ばれた限りある人たちです。ビットコインコア開発者の操作できるBitcoin Coreはあくまで「ルール」を決定しているだけであり、それに従わせる強制力を持たないのです。

ビットコインキャッシュは、中国のASICマイニングハードウェアメーカーのでありマイニンググループのBITMAIN社の共同設立者のジハン・ウー氏が中心となって開発されました。開発グループの政治的な争いがあったようです。現在ビットコインキャッシュを推進しているのはビットコインABC(BitcoinABC)というチームです。ビットコインABCは先ほどのSegwitを実装せずブロックサイズを大きくする事によってビットコインのブロックサイズ問題を解決しようとしているチームです。

最大ブロックサイズの違い

 ユーザー数の増加に伴ってトランザクションが増えることで生じるスケーラビリティの問題は、ブロックチェーンのそれぞれのブロックに保存できるデータサイズに上限があることとブロックの生成スピードに制限があることが原因で起こります。ユーザーとは、ビットコインの送金などを行う一般のユーザーのことを言います。ユーザーがビットコインを送金するとトランザクションという取引データが作成されブロックチェーンに保存されます。ブロックチェーンのブロックそれぞれのデータサイズには上限があるため、ユーザー数が増加してトランザクションが増えていくとブロックチェーンにトランザクションをなかなか保存することができないという事態に陥ります。

ビットコインの分裂論点の1つになっていたのは、まさにビットコインのスケーラビリティ問題でした。ビットコインにおけるブロックチェーンのブロックサイズが、1MBに制限されていたことで、処理(遅延)遅延・取引手数料の上昇が多々発生していました。そこで、ビットコインキャッシュはマイナーからの反対の大きいSigwitを導入することなく、ブロックサイズの上限を1MBから8MBに上げたのです。現在ビットコインのブロックサイズは1MBですが、ビットコインキャッシュは最大8MBにまで拡大されます。仮想通貨による取引量の増加に伴い処理速度の低下(送金詰まりなどが起こり、すぐに送金させたい場合手数料が高くなってしまう問題があります)が問題視されていましたが、ビットコインキャッシュはビットコインの8倍のデータ容量で取引処理速度の速さの違いが存在するのです。このブロックサイズ拡大により、ユーザーにとっては実際に送金も早く行えるようになり、送金手数料も軽減されています。しかし、ブロックサイズを拡大することによるセキュリティ的な問題、ネットワークの集中化、マイニングプールの寡占化などさまざまな負の面もあります。

Segwitの違い

 マイニングに関してはビットコインキャッシュ・ビットコイン共にPoWというシステムを用いており共通点の一つとなっていますが、Segwitの有無に関しての違いが、このマイニングに関して大きく関係してくる違いの一つなのです。ビットコインキャッシュにはSegwitという機能が無いのに対してビットコインはSegwitがあります。Segwitとは、ブロックチェーンの各ブロックに入れる取引データのサイズを圧縮することで処理速度を向上させるための手法で、ソフトフォークの一つです。具体的にはひとつひとつのトランザクションに入っているそれぞれの署名データなどをwitnessという新しい領域に移動させるアイデアです。これにより、実質的なトランザクションのデータサイズを減少させ、ブロックにより多くのトランザクションを保存することができるようになったのです。Segwitのアクティベートにより、ビットコインのブロックサイズは従来の1MBから実質的に2MB程度まで大きくなったと言われています。

難易度調整方式の違い

 ビットコインキャッシュは、旧来のビットコインのチェーンから新しいビットコインキャッシュチェーンに移行した際に、独自の難易度調整アルゴリズム(DAA)採用しており、ハッシュレート変動を抑えつつ、安定して運用できることが知られています。つまり、DAAを採用しているビットコインキャッシュでは、難易度の調整が頻繁に行われるので、難易度の急激な変化にも対応できます。ということでNDAを採用しているビットコインにはない利点があります。

NDA(Normal Difficulty Adjustment):ブロックの生成を平均して10分に1回にするように、約2週間に1度、難易度を調整するシステム。

DAA(Difficulty Adjustment Algorithms):10分ごとに難易度を調整し、難易度が急激に変化したときに、難易度を即座に調整するシステム。

難易度:ディフィカルティーとも呼ばれ、マイニング(採掘)によりブロックを生成する(ナンスを算出する)難易度のこと。

ビットコインキャッシュの将来性

 ビットコインキャッシュは、ビットコインの正統的な後継のコインになる可能性があります。実際のサービスや決済に導入されるときに大きく価格が上がるでしょう。やはり、流通することが大事ですから、ビットコインよりもビットコインキャッシュが実際に流通する可能性は高いと感じます。コンビニやお店で使えるようになったら、相当世の中が便利になります。また、ビットコインキャッシュは、さらなるブロックサイズ引き上げを含むハードフォークが予定されています。(ビットコインキャッシュのハードフォークは来年5月と11月に予定されています。)人工知能のAI 仮想通貨予想プログラムウェブボットの予想では、ビットコインキャッシュは2018年5月頃からとてつもない高騰をみせると予測しています。

まとめ

 ビットコインキャッシュとビットコインの代表的な2つの相違点を以下の表にまとめました。どちらも容量の問題を解決させるべく改良を行っているのですが、それぞれ方法が異なります。

  対策実施内容
ビットコインキャッシュブロック容量の拡大 ハードフォーク(ビットコインが分裂する)
ビットコイン取引データの縮小(Segwit)ソフトフォーク(ビットコインが分裂しない)

今回はビットコインキャッシュとビットコインの違いに関してお伝えしました。ビットコインから派生した仮想通貨ということで誕生から話題性がありましたが、話題性だけでは無く機能・性能面もとても優れていることが分かると思います。

ただ、知名度やマイニンググループの寡占化などの課題はいくつかあります。ビットコインは2009年から運用されている信頼性も大きくありますが、ビットコインキャッシュはまだ、始まったばかりであり、まだまだ注目度、価格もビットコインに比べると低い段階にあると思います。また、ビットコインキャッシュは、中国のマイニンググループが大きな力をもっていることもあって、ジハン・ウーのコイン、すなわちジハンコインとも呼ばれていて、個人的な権力が大きくなってしまうことになるので、本来の仮想通貨の非中央集権的な思想に反してしまうのではという意見もあります。

しかし、ビットコインキャッシュが決済の処理をより速くスピーディに手頃な値段で仮想通貨をの所有者に提供できることを考えたときに、2018年にビットコインキャッシュが仮想通貨市場のリーダーになる可能性があるのです。今後ともビットコインキャッシュに関しての動向に対して注目しておくべきであると思います。

この記事へのコメント

人気記事

ビットコイン相場 2009年8月0.09円 2012年8月796円 2017年8月40万円台←いまここ 2018年8月500万円 2020年8月5000万円 登録は確実に! bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で