ICO "REGAIN" The whole picture of regain and how to purchase REG token. The second cloud sale started at 17 o'clock on April 1, 2018.



REGAIN 【ICO】 Preregistration of REG token has finally started.

 

The second cloud sale is starting from 17 o'clock on April 1, 2018.



 REGAIN

It is a project aimed at realizing "REGAIN" "Bit coin market stabilization".

It is an ICO that pioneers of mining machine development push forward with the world's highest standard ASIC technology team.


Bitcoins are cheap in electricity cost and minority based in China with electronic circuit development technology accounts for 60% of the market.

This influential minor deliberately drops the computing power, it takes time to remit the bit coin, or turns the hash power to other currencies and manipulates the price.


The objection to this situation is Dan Affleck (Dan Affleck), CEO of "REGAIN".

It regains the user-led bit coin market and aims to realize a stable market.


That is


1. Biased mining pool

2. Monopolized mining machine

Distributing these two enables stable bit coin operation.

 REGAIN CEO

A report spoken by Dan Affleck, CEO at the kick-off meeting meeting of the REGAIN project. The background of REGAIN establishment is detailed in detail.


~ What is REGAIN ~


Project REGAIN Kickoff Meeting 2017 Event Report

Dan Affleck, CEO


The first time I met a bit coin was when I saw a feature article on Bitcoin in the Time magazine (* 1) around April 2011. I read that article and I was instantly drawn into that charm. When I finished reading the article, I felt the feeling that the people all around the world were united (the price of the bit coin at that time was around 1 $).



I like to travel abroad since I was a child, I took a year off from my school days, touched people from various countries as a backpacker, shared a lot of time and learned the world.


I would like you to feel that "the world in which you were born is connected to one" through such time, not only for young people, but also for any age. The feeling of exhilaration, anxiety, puzzle, excitement, good emotion and bad emotion tasted during traveling will surely lead to confidence as they all form oneself.


However, one of the topics raised as a problem between traveling companions encountered in backpackers was that the currency was different in their respective countries.

As us traveling on a low budget, we can not ignore the fee of currency exchange that occurs every time we travel to and from various countries, and at first we do not know how to handle it, so it is funned at the exchange office and you will be given less money Or, it was always difficult to spend money in that country.


If this bit coin becomes familiar to the world as a common currency, it will be easier and more freely to move back and forth between countries, "just to think that it will be possible to get in touch with people from more countries" It seemed to be exciting.


As I knew more about bit coins, I strongly sympathized with the mechanism of non-centralized block chains, and I was convinced that the block chain technology would change the various mechanisms in the world.

In the world, as a cheating act such as concealment and tampering is carried out as usual, as I have witnessed the general people being swayed around the palm of some powerful person, I am using block chain technology By managing information between users, all the fraudulent practices in the world disappeared and I thought that "people who change all people equitably into unfair world".

 

I sincerely wish for the development of such a block chain, and since I wanted to cooperate even a little, I started mining bit coins by myself.

At that time, it was still made with ordinary PC, and it was easy to start without taking much electricity bill too much, so I went by the side job style.

 

After that, I became crazy about the charm of the future created by the world of bit coin I began participating in the bit coin community, leaving IBM who was invited by a friend I got acquainted there for 6 years in 2013, I wanted to contribute to the development of bit coins in the future and decided to participate as an open staff of Bitmain Corporation. .


Bitmain is a company that develops and sells mining machines necessary for mining to play the core of bit coins (block chains). Among them, I belonged to the research team of ASIC technology which I was specializing in my previous job, and focused on the development of high-speed mining machine using ASIC technology. Finally, the mining machine using ASIC technology was completed, and I was able to make a big contribution to the development of bit coin.

I wanted to contribute further, I volunteered at Antpool, a subsidiary of Bitmain, a major mining pool since then, and I told my experience.


At that time, only developers interested in the performance of mining machines were few, and there was nothing on the mining pool side that was noticed there.

I thought about how to raise the efficiency of mining in limited funds and environment and proposed a cooling system to reduce power cost and improve the operating environment. It is extremely simple, but its cooling system improved power cost by about 25%, operating efficiency by about 30%, helped by adding machines, and dramatically improved the mining achievement.

At that time, Ghash.IO (* 2) still accounted for most of the hash rate, which was also the time when Antpool entered the top three companies as a result of this.


Ghash.IO (Gee Hash I O) is a bit coin mining pool founded in July 2013, the total value of bit coins mined in the first year seems to be over 2 dollars. After that, it is one of the biggest bit coin mining pools that has continued to contribute more than 30% of the hash rate (mining speed).

Although it is currently closed, since the hash rate exceeded 51% in July 2014, bit coin users were exposed to the threat of 51% attack (* 3).


At that time the agenda was discussed again and again, short-term solutions were not found, but if we sell high-performance mining machines and keep the hash rate evenly a long-term solution I strove to further improve the technology.



A 51% attack is to control 51% (over 50%) of the entire network's hash rate (mining speed) by a malicious group or individual and to conduct illegal transactions. This makes double payment possible, so it is said to be "double payment attack".


For example, if a malicious attacker performs mining at a speed higher than all minor (miners), the illegal transaction (block) performed by the attacker is recognized as "correct", and the legitimate illegal transaction It makes it possible to make monopoly of mining, denying legitimate transactions, and mining.

If the 51% attack became normal, we have also searched for a solution as remittances are suddenly erased, multiple payments occur frequently, and we lose the trust of bit coins.


Just as bit coins attract attention in the world, the demand for mining machines also increased, and when Bitmain's products, which were at the time the highest level, began taking a large share of the mining machine industry, I had a single question I began hugging.

"If we continue to expand on this scale it will not monopolize the market."

To monopolize the mining share is the same as getting great power to expand bit coins.

In other words, other mining pools will also be placed in an environment we can control, which is wholesaling mining machines, so that we become real, centralized and concerned with proof of work (PoW) 51% attacks etc will be possible.

 

A 51% attack can be an act of damaging the trust of a bit coin, such as not approving a specific transaction or establishing a double payment.

Currently, there is no incentive to do 51% attack, but the situation that this kind of behavior can occur can lead to impairment of bit coin trust.

 

Initially when I joined Bitmain as an open staff, I talked over the CEO and the future of bit coin overnight, the future created by the CEO's bit coin and the future created by the bit coin that I draw are consistent,

"Bit coins should be fair and free to all users"

As a common goal I believed in the development of bit coin, I trusted the CEO and walked together.

 

However, the situation at the time was shifting from our ideal that we thought that bit coin must be fair and free to all users, and it was changing to a bit coin market that is not user driven .

 

That is because Bitmain's mining machine began to be recognized as excellent, and due to the rapidly increasing demand, Bitmain expanded its share of the mining machine industry.

Originally, any mining pool had developed mining machines in-house, but as competitiveness gained, development of mining machines required more sophisticated and specialized skills, mining pool with no technical force I changed to the flow of purchasing mining machines from other companies.

 

Meanwhile, when Bitmain's mining machines boasting the top technical expertise in the industry began circulating more than 20% of the mining machine industry, changes within the company began to occur.

 

I was focusing on technological development of hash rate in order to get users to comfortably use bit coins, but from this time I started shifting to mass production of mining machines.

When Bitmain reached 30% of the mining machine industry, I felt that it was far beyond what our drawing depicts, such as adding production factories and setting sales quotas within the company.


私は居ても立っても居られない状況となり、直接CEOに思いを伝えました。
「何を考えている!このままビットコインの市場を独占するつもりか!」
ビットコインには無限大の可能性が秘められている、このまま私たちがシェアを独占してしまうとビットコインを啓蒙していく側の私たちがビットコインの発展の妨げになってしまう!」
「あの夜ビットコインの未来について語り合ったことを忘れたのか!」
そう伝えましたが全く聞き入れてもらえませんでした。
私はあの時の「会社のために行動してなにが悪い」と言ったCEOの目を今でも忘れることができません。
もうそれは、あの夜ビットコインの未来について共に語り合った、かつて私の信頼したCEOの目ではありませんでした。

その後も何度も話し合いの場を作り、思いを伝え続けましたが、状況は一向に進展せず平行線をたどっていました。
結局、意見の相違から互いに別々の道を歩むことを決意し、2015年6月に退社することになり、翌月私は私自身の考えのもと新たに会社を創設することとなりました。

Bitcoinはすべてのユーザーにとって公平で自由であるべきだ」という使命を掲げ、同士を募りました。今では、私の周りには心底ビットコインを愛し、ビットコインの発展を信じて願うスタッフが集まり、相変わらずビットコインの魅力について語らう毎日です。

すでに市場を独占しつつあるBitmain社は、マイニングマシン業界のシェアを約70%まで拡大し、Antpool社もハッシュレート分布の約20%を確保し、月間マイニング報酬は約11250BTC(49億5,000万円 1BTC=約4,000 1ドル110円換算)も利益を上げています。
ここまで市場を独占してくると、恥ずかしながら私の予想していた通り、ビットコイン市場に大きな影響力を行使し、ビットコインの8月1日問題(※4)にも自身の利益のためにUASF(User-Activated Soft Fork)(※5)に反対し市場に混乱を巻き起こしました。

ここで勘違いしていただきたくないのは、ビットコインのスケーラビリティの問題に関しては、ビットコインが今後、進歩していくために起こった問題であり、Bitmain社が起こしたものではありません。

実際には、ビットコインは「ビットコイン(BTC)」と「ビットコインキャッシュ(BCH)」に分裂しました(2017年9月上旬時点)、こうした幾度も起こる困難を乗り越え、解決していくことの積み重ねがビットコインをより良いものにしていくと考えます。

ビットコインの8月1日問題とは、その急激な利用者の拡大が原因とされます。
ビットコインには取引を記録するブロックチェーンと呼ばれる仕組みがあり、その容量は従来1MBと決められており、約3,000の取引記録を収められます。当初はこれで充分だったものの、ここ最近はビットコイン決済の拡大などで利用者数が急激に増え、1MBでは足りない状況(スケーラビリティ不足)が度々発生するようになりました。これがビットコイン決済の待ち時間を長引かせることとなり、利用者の不満につながりました。
そこで8月1日に改善をすると言うことになりました。

ただ、ブロックチェーン容量を変えてしまえば、従来のビットコインをそのままでは運用できなくなるため、Segwit(Segrageted witness)と称する仕組みの導入でした。
Segwitでは取引における署名部分をブロックから分離して管理するよう変更、その分を取引記録に割り当ててブロックチェーンの容量を見かけ上、増やします。要するに互換性を維持しつつこれまで以上の取引記録を保管できるようになるため、従来の快適な取引を取り戻せるということです。これをUASF(User-Activated Soft Fork)(※5)といいます。

しかし、ユーザー主導のUASF(User-Activated Soft Fork)に対して、この流れに反対するBitmain社が支持していたのが、ブロックサイズ上限1MBを撤廃して、可変的にブロックサイズを決定していくというBitcoin Unlimitedへ分裂するUAHF(User-Activated Hard Fork)案(※6)。
ブロックサイズが異なればこれまでのビットコインとの互換性がなくなるものの、ビットコインを源流として生成される仮想通貨であるため、その取扱いについても議論が巻き起こっていました。

ユーザー主導のUASF(User-Activated Soft Fork)がアクティベートされるとBitmain社が使用するマイニングマシンのASIC BOOST(アシックブースト)の優位性が保てなくなり既得利権を手放すことになるため、Bitmain社はUAHF(User-Activated Hard Fork)案を発表したとされています。

さらにはその発言をすることにより、ビットコインの価格は暴落することは確実であり、暴落前に高値で売り抜け、暴落後に安値で買い戻し、莫大な利益を得たとされています。


UASF(User-Activated Soft Fork)とは、「(U)ユーザー・(A)アクティベート・(SF)ソフトフォーク」の略。
ユーザーの選択によってビットコインに新しいルールを設けること。ビットコイン送受信の遅さや手数料の高騰が問題視されていたので、ブロックサイズを引き上げるSegwitを導入するとされていた。


UAHF(User-Activated Hard Fork)とは「(U)ユーザー・(A)アクティベート・(HF)ハードフォーク」の略。Bitmain社主導によるビットコインの分裂、Bitcoin Unlimited案の発表のこと。

私たちは今回、このような事態が二度と起こらないようにユーザー主導のビットコイン市場を取り戻すべくREGAINプロジェクトを立ち上げました。
すでに私のもとにはビットコインを愛する多くの賛同者が集まっており、皆が口々に言うのは、
「お前はBitmain社のCEOのように利益に目がくらみ方針を変えることはないか?」
「初心を忘れることなくビットコインの発展のために力を注げるのか?」
と、そんな時は決まって私はこう言うのです。
「私はビットコインが誰よりも好きだ!ビットコインのことなら何日でも語ってやる!」
「もし、私が道を誤ったと感じたならば、いつでも意見を聞こう、納得いかなければ私を追い出してもらって構わない!」
と、私を含め賛同してくれる人たちは皆同じ気持ちです。

しかし、Bitmain社はマイニングマシン業界の約70%を占めており、この状態を打開するには非常に困難な状態でした。
純粋に高性能なマイニングマシンを開発すればシェアを拡大していけるものと考えていましたが、現実はそうではありませんでした。


私たちはASIC-HARDMiner3.2を開発し、このマイニングマシンは他社のマイニングマシンより消費電力を抑え、ファンの強化により冷却性能を高めることで、マイニングマシンの稼働効率をアップさせることに成功しました。

さらには、すべて遠隔操作で情報を共有することにより、異常発生時のダウンタイム(マイニングマシンの停止期間)を短縮し、安定した稼働効率を保つことや、機能の追加・操作性の向上など世界最先端の技術で常に最新のマイニングマシンにバージョンアップを行う世界最高水準のマイニングマシンです。

しかし、それでは結局資金力のある大手のマイニングプールがマイニングマシンを買い占めてしまえば、資金力のない小規模のマイニングプールは利益が上がらず閉鎖に追い込まれてしまいます。
そうなってしまえば、マイニング市場の寡占化が進み、さらには新たな別のマイニングプールの独占市場になるだけになってしまい同じことの繰り返しです。

そこで私たちは、小規模のマイニングプールにも高性能なマイニングマシンを提供できるよう、マイニングプールにマイニングマシンの費用は当社が持つ代わりに、そのマイニングマシンで得たマイニング報酬を50:50にするという、お互い対等の関係でマイニングマシンを提供することにしました。


そうすることにより、現在、寡占化しているマイニング市場も、各マイニングプールが自由に他と競争できる自由競争市場になり、市場にとってより良いものが生まれる環境が出来上がると考えました。

こういった取り組みによりなんとかマイニングマシン業界のシェアを約20%までに拡大しましたが、やはり、大手の資金力には敵わずマイニングマシンの生産スピードが追いつかず、資金力とスピードが重要な要素となるマイニングマシン業界では先が見えてしまいました。

ビットコインのマイニングが10分に一回行われていることもあり、他の業界では考えられないくらいマイニング市場は急激なスピードでシェアが入れ替わる業界でもあります。

これは、ちょうど私が起業を考え始めた頃でしたが、「Silicon Valley is coming(シリコンバレーがやってくる)」というフレーズが話題になりました。これは米国の大手金融機関JPモルガン・チェースが、ジェームズ・ダイモンCEO(最高経営責任者)名義で公開した「株主への手紙」の中にある一節です。

シリコンバレーが世界中の企業に影響を与えていることは、すでに皆さんもご存知かと思います。皆さんが日常的に使っている製品やサービスを提供しているGoogleAppleFacebookなどもシリコンバレーに本社を構え、また明日のGoogleAppleFacebookUberAirbnbを目指すスタートアップ企業の数は計り知れません。

このようにシリコンバレーの脅威は世界中すべての産業界に「個人、チーム、社会全体というスケールでスピード性を持って組織を変えていかなければならない」という意識を生んでいます。
今、まさにマイニング市場でもシリコンバレーと同じく急激なスピードで新しい技術が生まれシェアが入れ替わっている状況です。


だが、私たちはマイニングマシンの開発技術にはどこの企業にも負けない自信があり、2018年9月にはハッシュレートを大幅にアップさせたASIC-HARDMiner4.1が完成予定です。
※2017/12/13現在「ASIC HARDMiner4.1」16.6TH/sはテスト稼働を終了し開発完了となっていますので、Crowdsale Stage 1から「ASIC HARDMiner4.1」16.6TH/sが販売されます。尚、Crowdsale Stage 4では「ASIC HARDMiner5.1」約18~20TH/sを予定しています。(※2017/12/13更新)

このマイニングマシンの最大の特徴はハッシュレート16.6TH/sで、これは1秒間に16.6兆回計算されるものであり、現在のハッシュレートとしては世界最高水準のマイニングマシンになります。

私たちは、このように日々技術の進歩に努めてまいります。しかし、これ以上のマイニングマシン業界のシェアの確保には、皆さんのお力が必要となります。

当初は、クラウドマイニングでマイニングマシンをリースしてシェアを拡大する企画も上がりましたが、スピードが重要となる業界においてクラウドマイニングでは、インパクトが不十分であり、スピード性に欠ける恐れがありました。

ユーザーへの配当の面から考慮しても他社のクラウドマイニングにおいて、1年~2年で元本が回収できると言われている中、「それでは会社の利益を取りすぎだ」という声が会議では多く上がり、「私たちがユーザーより多くの利益を取るものではない」と、その場の満場一致でユーザー6 会社4の6:4でユーザーへの配当が決定しました。
ユーザーへの配当を60%、会社利益を40%、内20%をマイニングマシンの開発費に充てます。

私たちは、このように「スピード性」「ユーザー主導」という明確なビジョンを持って現状を打開するため、ICOで資金調達を行います。
少しでもビットコインに興味がある方、ビットコインの発展を願い賛同していただける方はぜひこのREGAINプロジェクトに参加してください。

私たちは、先ずはユーザー主導のビットコイン市場を取り戻し、インターネットが社会になくてはならない存在となったように、ビットコインが未来の社会になくてはならない存在となることを心から信じています。

その為には、まだ乗り越えなければいけない最大の問題があり、それは、法定通貨に対するビットコイン価格のボラティリティの高さにあります。


ボラティリティが高いと言うことは、一般的に投資の上でリスクが高いと考えられており、長期的に支援してくれる人にとっては非常に不安定で支援し難いものとなります。
リスクが高ければ、参加者の資産としての信頼は低くなり、ひとつのニュースで価格が大きく変動してしまうことにつながり、それは投機筋には大きな利点となり魅力的に映りますが、今後、企業がビジネスとしてビットコインを導入するに至る上で最大の弊害のひとつになります。

価格が安定していなければ企業の財務状況がビットコインの価格に左右されることとなり、ボラティリティが高い状態では企業がビジネスとしてビットコインを導入することはないでしょう。

このような要因を起こすひとつとして、Bitmain社がビットコインの市場を独占してきていることが挙げられ、今回のように自身の利益のために相場操縦を行いビットコイン価格を故意に乱高下させたりしていては、ビットコイン価格も不安定になり、こういった急激な価格変動は大きな不安を生み出し参加者を遠ざける要因となります。

現状、ビットコインはまだまだ誕生して間もないため、認知度も低く参加者も少ないため、ビットコインに対する信頼度の低さやBitmain社が市場を独占しているような要因から価格が乱高下している段階です。

しかし、認知度が高くなり普及段階に入れば、企業や機関投資家など多様な参加者や多様な取引アルゴリズムが働き始めることとなり一定の変動幅に価格が安定してきます。
認知度が高まり参加者が多くなることで、ひとつのニュースで大きく価格が変動することもなくなり、それは通貨としての信頼につながる、やがては企業がビジネスとして導入し易くなり、更なるビットコインの発展につながっていくのです。


そこで、私たちは「ビットコイン市場の安定」を目指します。
ビットコイン市場を安定させようという最大の目的は、市場を独占したBitmain社の暴走による行き過ぎや乱高下を抑止することによって、ビットコインが信頼のある通貨として正しい評価を受け、参加者が増加することでその後、ビットコイン価格が緩やかに上昇し、取引や投資について合理的採算計算ができるような予見可能性を経済主体に与えることです。

ビットコイン市場の安定のためには、そもそもユーザーがその必要性を正しく認識することが大前提となり、ビットコインの認知度が高まり始めてきた今、私たちはユーザーにはそのような認識が生まれつつあると期待します。

私たちは、ビットコインの発展のため、ビットコイン市場の安定の必要性を積極的に主張していきます。


最後に、これは私の持論になりますが、人生において大切なのは、「自分の中に何か一つ “これが好きだ” と自信をもって語れるものを持つ」ことだと思います。
私はどんなものでも、何か一つのことを追求していける人であるかどうかは、その人を信頼できる人物かどうかを判断する非常に重要な要素だと思っています。

それが、私にとってはビットコインであり、ビットコインに巡り合えたことが私の人生最大の転機となりました。

私たちは、必ず「ユーザー主導のビットコイン市場を取り戻し、ビットコイン市場の安定を実現させます。」

ぜひ、私たちの今回のREGAINプロジェクトに参加して、共にビットコインの明るい未来に向けて歩んで行きましょう。


 REGAIN社のマイニング性能

  • 現在市場で主に出回っているマイニングマシン
  • REGAIN(リゲイン)が独自に開発を行っている「ASIC-HARDMiner3.2」
  • 2018年9月にREGAIN(リゲイン)がリリースを予定している「ASIC-HARDMiner4.1」
  のスペックを比較した表です。

マイニングには膨大な電力を消費しますが、

  • より高い演算能力を持つマイニングマシンの開発にREGAIN(リゲイン)は成功。
  • REGAIN(リゲイン)は技術的に30TH/sまでのハッシュレートは、現実的に開発可能。
  • マイニング能力は、他社のマイニングマシンと比較しても2倍以上の報酬獲得を期待。

リゲインが既存のマイニング業界で成果をあげているキーワード

消費電力の削減
ハードウェアのメンテナンス
冷却システム
ハッシュレート(発掘速度)


現状のマイニングマシンのシェアは以下のグラフになります。
2019年にはREGAINが80%とダントツ1位になる予定です。
もちろんライバル業者は多く存在し、Bitmain社やNASAの研究チームも高性能なマイニングマシンを開発中ですがリゲインの技術はそれを超えるとのことです。
6.jpg

 Schedule


事前スタート : 2017年12月18日 17:00~
クラウドセール第1弾 : 2017年12月22日 17:00~
クラウドセール第2弾 : 2018年4月1日 17:00~
クラウドセール第3弾 : 2018年7月1日 17:00~
クラウドセール第4弾 : 2018年11月1日 17:00~

 Compensation

We issue a unique token called REG token to the investor.


To the REG token owner, 60% of the mining profit received by REGAIN is distributed and can be obtained. In other words, you can earn mining fees on REGAIN's latest mining machine without having to confuse yourself confusingly.



Currently the price of bit coins has fallen to around 1 BTC = 1 million yen, so the dividend per 1 REG is calculated to be around 34000 yen each month. The second purchaser of cloud sale can earn dividends on August 15, 2018.


第一段階(終了しました)


第二段階(4月1日17:00スタート)


第三段階


第四段階


 How REGAIN (Regain) works

8.jpg

In order to secure the sharing of the mining industry, we are working to develop high-performance mining machinery


Although we have realized our "compensation premium up" and "reduction of electricity cost" efforts,


That alone can not promote the health of the market. Why high performance mini


If we sell machines, major mining pool with capabilities can buy up


Needless to say, capital is small and small-scale mining pool does not benefit, and ultimately


It is because it is forced to close down. Then, after all, it is the original tree Ami.


Therefore, in order to introduce it to all persons fairly, our company is working on mining machinery


Rather than selling the mining remuneration earned on the mining machine to the mining company


We proposed and realized to offer with pool with 50: 50 relationship.


In other words, the mining company and the REGAIN company share the profit obtained from the mining machine in half.



 Summary

Dan Affleck, CEO's REGAIN project is said to be a hot feeling so I would like to support you. It is abnormal numerical value which can not be considered ordinary though it is more than 10% per month, but I think that it is possible in the virtual currency world. It is enough that the reward is too good for me.

この記事へのコメント

人気記事

ビットコイン相場 2009年8月0.09円 2012年8月796円 2017年8月40万円台←いまここ 2018年8月500万円 2020年8月5000万円 登録は確実に! bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で