ビットコインを購入すべき4つの理由

・ブロックチェーンの革新性

ブロックチェーンの革新性は、物理的に同じ場所にいなくていいという点や、取引相手の個人や組織を信頼(Trust)しなくても安心して経済的な価値の交換ができる点です。将来的には金銭取引はデジタル化され、ユニバーサル化されると思われます。このようにブロックチェーンは世界をとんでもなく大きく変えると思い、そのブロックチェーン技術を使った仮想通貨に大きな期待がありました。

非中央集権への期待

中央集権的な組織が仲介を担ってきた中央銀行システムはブロックチェーンによって大きく変貌し、この変化は、金融の世界にパラダイムシフトをもたらすと思われます。従来の通貨などは、中央政権=国(日本・アメリカなど)が行っており、お金を発行や制限を行い市場に出回るお金をコントロールしています。しかし、ブロックチェーンは中央政権が必要なくコンピューター・ネットワーク間での共有を可能にするデータ構造になっているのです。FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏による、仮想通貨関連のテクノロジーと今後のFacebookとの関連についてポジティブな投稿をしています。「暗号化技術と仮想通貨は中央集権化されたシステムから権力を奪い人々の手に戻す。だがこれらはコントロールしにくいというリスクを伴う。だからこれら技術のポジティブ・ネガティブ両側面とフェイスブックのサービスにどう活用できるかを深く研究したい。」中央集権によって搾取されないシステムは個人にとって大きな魅力となると思っています。

円やドル等の各国の法定通貨の価値の下落

今後は土地の暴落、株の暴落、そして通貨の暴落があると思います。こうなれば貯金封鎖もあり得ると考えています。資産を逃避させるには金や仮想通貨への投資くらいしかないと思います。今、各国は法定通貨を金融緩和させ発行総量を増大させているので今後間違いなく法定通貨の急激な下落は到来します。資産の逃避先として仮想通貨は有益であると思います。

世界の共通通貨への期待

通常、法定通貨の価値は国が保証していて国の経済状況により、その国の法定通貨の価値は大きく変動するおそれがあります。それに対して、仮想通貨は特定の国により価値が保証された通貨ではありません。そのため、国の経済状況で仮想通貨の価値が左右されることがないのです。これは経済が不安定な国の人にとっては大きなメリットになります。つまり、自分の資産を自国の法定通貨としてではなく、仮想通貨として保存することで、国の経済状況の悪化により資産の価値が損なわれることを防げるのです。法定通貨の取引や残高管理については、現在では銀行などの金融機関が大きな力を持っています。あなたが銀行に1億円を預けていたとしても、銀行がハッキングなどに遭い、残高データの全てを失ってしまえば、預けた1億円を引き出すことができないという事態が生じる懸念があるのです。また貯金封鎖でお金が引き出せない事態も想定されます。一方で、ビットコインの残高管理は特定の機関に依存しないブロックチェーンという方法を通じて行われます。これは、分散型のシステムであり、世界中に存在するパソコンにデータを置くことで、特定の機関に依存しない取引と管理を実現する方法です。それにより、特定の機関の破綻で、資産の価値が損なわれるという危険が少ないのがビットコインです。また、世界の富裕層にははまだ仮想通貨を購入していない人が多く、世界の共通通貨としての期待や資産の保存先としての期待が高まれば高まるほどその価値は高まっていくものと思います。


 バイナンスは有望銘柄がたくさん

この記事へのコメント

人気記事

ビットコイン相場 2009年8月0.09円 2012年8月796円 2017年8月40万円台←いまここ 2018年8月500万円 2020年8月5000万円 登録は確実に! bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で