【仮想通貨】Firop(フィロップ)の買い方、購入方法、評判、特徴を解説!【ICO】



優良ICOをお探しではないでしょうか?また、お小遣い稼ぎに登録するだけでトークンがもらえるサイトをお探しではないでしょうか?

そんなあなたに今回Firopをご紹介します。

Firopプロジェクトの概要

造水技術の研究機関に特化したマーケットプレイスの構築です。
(*マーケットプレイス:様々なサービスが交換される場をさす。私たちは世界の証券取引市場を含む総称として呼称している。)
また、このマーケットプレイスの仕組みに、同じく人類の生活に決して欠かせない水を生み出す造水技術の研究機関を融合します。
また、Firopのマーケットプレイスは、中央管理者がいないDEX(分散型取引所)の概念を取り入れており、分散型のマーケットプレイスになっています。

FDPとは?

発行するFDPは、造水分野の平均値として機能し、将来的に人類にとって欠かすことのできない造水分野の中心的指標となり、その指標は世界の経済活動を左右する重要な指標となります。Firopに公開される全ての研究機関や企業が発行するトークンとFDPを、様々な暗号通貨や法定通貨での交換を実現させます。

FiropのICOスケジュール

FiropのICOスケジュールは、以下のようになっております。

7.png
ハードキャップは3500万USドルに設定されており、ICO期間中であっても、3500万USドルの資金が集まった場合は、ICOが終了になります。

Firopの上場予定

FDPトークンは2018年12月に取引所に上場する予定であることがマイページ上で明らかにされています。

Firopの購入方法

現在はICO開始前でFDPトークンを購入することはできませんが、エアドロップが配布されています。

公式サイトにいき、「Language」から言語設定を日本語に変更します。

1.jpg

日本語表示に変更されますので、「AirDropを受ける」をクリックします。

2.jpg

AirDropの目的などが書かれた画面に移動しますので、再度「AirDropを受ける」をクリックします。

3.png

会員登録のページに進みますので、「メールアドレス」を入力し、同意事項に同意し、「登録」をクリックします。

4.png


すると、Firopからメールが届きますので、メールに書かれたリンクをクリックします。以下のような

画面に進みますので、「姓」、「名」、「生年月日」、「言語」、「パスワード」、「パスワード確認」を

入力して、「登録」をクリックします。


5.png

ここまでの手続きが完了すると、Firopのマイページにログインすることができます。「トークン履歴」をクリックすると、5トークンが付与されているのを確認することができます。

6.png

さらに、ホーム画面の「LINEコミュニティの登録はこちらから!」のURLをクリックしLineに登録することで追加で3トークンが付与されます。

Firipとは?

ホワイトペーパー


私たちが行う事業は、造水技術の研究機関に特化したマーケットプレイスの構築である。


現在、改めて「水」に関心を向ける人は恐らくマイノリティな存在であろう。後述するが、水 は生命の根源であり、代用が効かないことは周知の事実だ。その水が現在危機的状況になって いることを知る人は未だごく僅かである。


私たちの事業は、先述したように現代の生活基盤を支えるために欠かせないマーケットプレイ スの素晴らしい仕組みに、同じく人類の生活に決して欠かせない水を生み出す造水技術の研究 機関を融合する。この事業は、人類が生きていく上で必要不可欠な事業となっていく。


更に、私たちが構築するマーケットプレイスは、中央管理者を必要としないDEX (Decentralized Exchange)の概念を採用し、P2Pによるトラストレスなの取引を可能とした 分散型マーケットプレイスである。


ブロックチェーン技術により全てがトラストレス化するな か、中央集権型のマーケットプレイスは最後の課題だった。このDEXの仕組みは、次世代のマ ーケットプレイスにおいてスタンダードなものになっていくと考えている。


また、今後人類と共存することになる私たちの事業では、中央管理者に縛られず時代変化に対 しフレキシブルな順応を継続する仕組みが重要である。その観点からも中央管理者が存在しな いDEXを取り入れるメリットは大きい。


そのうえで、私たちは既存のマーケットプレイスの成立を支える監査機関や金融監督当局が持 つ重要な役割を取り入れる。


監査機関には、研究機関に対する正確な監査だけでなく、その監 査結果が投資家の投資判断の基となる重要な役割がある。


また、金融監督当局には「不正取引」 と「事業体の不正」を監視し、市場の公平性と投資家保護の役割を担うとともに、各国の法規 制などへの対応が求められる。


私たちは、これらの分野全てを分散化によるユーザー主導の仕 組みに委ねることは時期尚早だと考えており、喫緊の課題である造水技術が早期実用化される ために、より確実な事業とすることを優先する。


私たちの事業はこのようにして、研究機関と投資家メリットの最大化に向け、分散化によるセ キュリティ強化と透明性の確保、フレキブルな体制を構築しつつ、既存の仕組みも取り入れる ことで、事業を早期実現させる。

出典:ホワイトペーパー事業概要より


水の危機と造水技術

いま私たちの生命の根源である水は、枯渇という危機に向かっている。

それには未だ多くの人が懐疑的な思いだろうが、これは紛れもない事実であり目を背けている時間は残っていない状況だ。

水の枯渇に向けた危機は既に始まっており、それも私たちが生きているごく近い将来の話しだ。

・人類が扱う水の量
想像が難しいと思うが、ここで人類が利用する水の量について整理をする。

・地球に存在する水の総量は14億㎦ ・14億㎦の97.5%は海水、人類が利用可能な淡水と呼ぶ水の量は僅か2.5% ・その2.5%の内、1.75%は北極や南極の氷などで存在し、0.72%は地下水として存在 ・残り0.03%の内、人類が利用しやすい形で存在する量は、地球の水の総量の僅か0.01%と言われる。



造水技術とは、海水や下排水など人類が利用出来ない水を、利用可能な状態に転換する技術を言う。


現在、造水分野で最も実用化が進む技術は、逆浸透による海水淡水化技術だが、この技術には多くの電力エネルギーが必要であり、以下のような課題が残る。

・如何なる発電方法に関わらず、発電設備の冷却に大量の水が必要。

・石炭や天然ガスを使う発電には、膨大な二酸化炭素が排出。

造水技術を世界的に普及させ、人類と共存するものとなるには、環境を消耗させてしまう現在 の技術だけでなく、新しい発想を生かした多様な技術開発が急がれる。

参考までに現在私たち が知り得るなかの一部を挙げると、以下の造水技術がある。

・空気中の水蒸気から水を生み出す。 ・上空で雲を誘発させ雨を降らせる。

・人工的にヒートアイランドを生み出し、対流性降雨を生み出す。 ・海水に含まれる塩分分離菌による淡水化。

このように環境負荷の少ない造水技術が報告されている。世界には様々な土地の性質があり、 その性質を生かした多様な造水技術の研究が求められるが、これにも以下のような課題が残る。


・造水技術の開発が、資金と利権を持つ特定の企業に偏っている。 ・投資家は、情報を入手できる特定の機関投資家に限定され、その他の機関投資家や個人投資家が自由に投資する環境が無く、多様な開発に繋がらない。

この現状は、造水研究の分野にマーケットプレイスの仕組みが成立していないためである。 研究機関と投資家に接点がなく、多様な造水技術を自由に生み出せる環境が整えられていない。

そのため、現状のままでは造水量は限定的であり、危機を乗り越えるには程遠い。

一握りの利権者に投資や開発の機会が集中している現状は、旧時代が生んだ罪過と言える。

造水研究の分野にマーケットプレイスの仕組みを成立させ、情報や投資機会を広く共有させることは、多くの研究機関と投資家の接点を生み、社会の利益を最大化するために非常に重要なことだ。

Firopのビジョン

半永久的に自律稼働していく新たなマーケットプレイスの形

現在、マーケットプレイスの多くは中央集権型である。中央集権型は投資家の資金管理、取引システムの稼働や取引の実行をサーバー管理することで、迅速な取引を実行するメリットの反面、サーバーへのハッキングや中央管理者の不正による資産喪失リスクと言ったカウンターパ ーティーリスクがあり、これまでにも事件が頻発している。

それに対しFiropは、DEXの概念を採用することにより完全に分散化され、先述のカウンターパ ーティーリスクを回避する。DEXはマーケットプレイスがサーバーではなく、ブロックチェー ン上に構築され、投資家は資金をマーケットプレイスへ託すことなく、自身の管理下に置いた ままP2Pによるトラストレスな取引を可能とし、ハッキングや中央管理者による資産喪失リス クが回避される。


Firopの事業では造水分野を扱うことに限定したが、この仕組みは当然仮想 通貨同士だけでなく、その他すべての業種を扱うマーケットプレイスに応用ができる。


また、Firopは時間の概念を撤廃し、世界中の研究機関と投資家が自由に活動できる環境を提供 する。中央管理者が不要となることで、取引が24時間365日可能となり、研究機関が自国の時 間を基に情報発信が可能になること、投資家が世界のどこからでも自由に取引が行えることで、 多様な投資スタイルの選択を可能にする。

そして、私たちはブロッチェーンが有する改ざん不可能という特徴による透明性と、コンソー シアムの組成による互いを検証した合意形成と言ったそれぞれが持つ特徴を生かし、より高い確実性を持った仕組みを構築していく。

そのうえで、私たちがFiropとして事業を進めるにあた り大切なことは、自由と規制のバランスだと考えている。投資家に対し多様な投資スタイルを 選択する自由を最大限に提供しつつも、マネーロンダリングやインサイダー取引、粉飾など事 業体と投資家の不正への対応の一方で、機密技術やプライバシーの保護なども重要である。 私たちはそれらのバランスを保持する形で慎重に開発を進めていく。

08
より確実な事業へ向けた形

先に述べたインサイダー取引やマネーロンダリング等の不正防止のため、私たちはKYCの提出 は必要と考えている。提出を受けたKYCはオンチェーン処理をせず、イントラネット内の安全 な領域で管理される。利用する際はDMZに設置されたメッセージキューイングの仕組みを介し て、安全に利用できる仕組みを整える。また必要に応じて国際レベルのKYC確認ツールを使い、 AML(Anti Money Laundering)の遵守と、不正取引の照会に使用する。

繰り返しになるが、このようにしてFiropが完全に分散化されたマーケットプレイスを中心に、 既存の監査機関や金融監督当局の持つ機能を配置した理由は、Firopを事業として確実に成立 させ半永久的に継続させるためである。そのうえで、多様な造水技術を生み出す場を構築していく。

また、昨今は業種業態が多様化していることで投資先の比較が困難となり、投資家の選択の自由を狭めている。Firopでは扱う分野を限定することで、公開する情報に一定の基準を設定し、 以下の流れを構築する。

・扱う分野を限定することで、公開情報に一定の基準が設定できる。 ・投資家がシンプルに投資対象を比較し選択できる。 ・研究機関の迅速な資金調達に繋げる。 ・各研究機関が活発な開発競争のなか成長を促進させる。 ・Firop全体が活性化し、多くの造水技術が実用化される。


分野を限定したうえ、投資家に対する公開情報に一定の基準を持ち明確化させることで、投資 家は投資先の選択過程をシンプルにできる。


投資家にこのような投資環境を提供することによ り、Firopは多くの研究機関と投資家が繋がる場となり、研究機関の迅速な資金調達を実現させ、 造水技術の早期実用化に向けた開発環境の構築を目指す。


市場規模

造水分野は「グリーン経済」と呼ばれる分野の一つとして注目されている。グリーン経済とは 「自然環境と社会とを調和させた経済」とされ、今後長期に渡ってリターンが見込まれる世界 の中心的経済となる巨大市場であり、その重要性を「次の世紀の石油」と例える声もある。

Global Water Intelligence社の調査によると、2025年の世界の水関連ビジネスはおよそ8,650 億ドルと予想されており、2011年からの平均成長率は3.8%とされる。この市場は海水淡水化 を含む上水分野、下水分野、産業用水と排水に大きく分けられ、それぞれの素材や維持管理運 営などが、構成要素として挙げられている。

そのうえで、国連の発表によると世界の人口は2025年にはおよそ80億人、2050年にはおよそ 100億人に達するという。それに伴いOECDの発表では、水の需要は2050年に54億㎥に達する と予測され、2000年と比較しておよそ5倍という膨大な伸び率となっている。




この記事へのコメント

人気記事

ビットコイン相場 2009年8月0.09円 2012年8月796円 2017年8月40万円台←いまここ 2018年8月500万円 2020年8月5000万円 登録は確実に! bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で