仮想通貨ICO「REGAIN」リゲインの全貌とREGトークン購入方法。2018年4月1日17時~クラウドセール第2弾がスタート。

REGAIN【ICO】REGトークンの事前登録がついに始まりました。2018年4月1日17時~クラウドセール第2弾がスタートしてます。REGAINの公式サイト REGAINとは「REGAIN」「ビットコイン市場の安定化」の実現を目的としたプロジェクトです。世界最高水準のASIC技術の専門チームでマイニングマシン開発のパイオニアたちが推し進めるICOです。ビットコインは電力コストが安く、電子回…

続きを読む

ビットコインに半導体大手も本格参入。インテル、マイニングの消費電力削減技術で特許出願

ビットコインに半導体大手も本格参入。インテル、マイニングの消費電力削減技術で特許出願、「35%改善」bandicam 2018-04-01 01-59-25-008  米国のテック企業インテルが、仮想通貨マイニングで使用する電力量を削減する、ビットコイン(BTC)マイニング ハードウェア アクセラレーターの特許を出願した。3月29日に公開された米特許商標局への特許出願書によれば、「ビットコイン…

続きを読む

ビットコインキャッシュとは?ビットコインとの違いと将来性、誕生の経緯を世界一やさしく解説します。

ブロックチェーンの革新性は、物理的に同じ場所にいなくていいという点や、取引相手の個人や組織を信頼(Trust)しなくても安心して経済的な価値の交換ができる点です。将来的には金銭取引はデジタル化され、ユニバーサル化されると思われます。このようにブロックチェーンは世界をとんでもなく大きく変え、そのブロックチェーン技術を使った仮想通貨に大きな期待があります。中でもビットコインキャッシュはその性能から有…

続きを読む

大暴落のその先とは?日本の仮想通貨市場「機関投資家のマネー、まだ入っていない」

大暴落のその先とは?日本の仮想通貨市場「機関投資家のマネー、まだ入っていない」2018-03-31 07-29-51-174 「ひとたび市場が動けば、大変な騒ぎになるだろう。水門が開けば、それは開いたままになる」 「欧米では、資産の0.5%を仮想通貨につぎ込んでも大丈夫だという明確なラインにどんどん近付いている」

続きを読む

8月にバイナンス上場!医療分野にAIを、堀江貴文氏も注目のNAM COINとは?

8月にバイナンス上場するNAMコイン。日本でも人気なので10倍は行くでしょう。  NAMとは?NAMは2017年10月に創業したばかりの医療ベンチャー企業です。 NAMの名称は代表取締役である中野哲平氏の苗字を用いたNakano AI Medicalの略です 社員15名の研究者エンジニア集団で中野氏は2017年に慶応技術大学医学部を卒業したばかりの25歳です。 NAMは医療の見地を…

続きを読む

リップルの将来の価格は?リップル創始者「ブロックチェーン成功の鍵は分散型であること」

2028年までにあらゆる株券はトークン化されるとのことです。大きなパラダイムシフトが起きそうです。企業がICOで資金調達をすると株式による資金調達は不要になりますね。株価がゼロになってしまう可能性もあります。近いうちに株式の大暴落が起こるのではないでしょうか。株式投資には慎重になったほうがいいですね。 リップルの将来の価格は?リップル創始者「ブロックチェーン成功の鍵は分散型であること」 2…

続きを読む

人気記事

ビットコイン相場 2009年8月0.09円 2012年8月796円 2017年8月40万円台←いまここ 2018年8月500万円 2020年8月5000万円 登録は確実に! bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で